真経営学講座 真経営学講座
2019年 6月11日(火) 10:00 ~ 17:00


[事業や経営の“悩み”が“勇気とやる気“に変わる]


 私は今までずっと、事業や経営において、真に大切なことは何かということを追求してきました。 わずかな疑問でも、とことん考え抜いて完全に解決したかったのです。

 私の経営学のノウハウは「真経営学」として集約されており、 私の中の迷いもすべてなくなりました。「真」という言葉を使っているのも、その思いを込めています。

 仕事をすることは幸せになることです。
  
 どの町に生まれ、どんな仕事に携わろうとも、考え方次第で、 誰でも、幸せになることができると信じています。そもそも私たちは、幸せになるために生まれてきたのですから。
  
 一人でも多くの方々が、組織における事業や経営の在り方を始め、人材育成や仕事の悩みを解決し より幸せな人生を送るきっかけになることができれば、それほど嬉しいことはありません。

 今回は、受講後も「真経営学」を学んでいただけるように、 参考図書を2つ特典に加えて、プログラム内容もバージョンアップした 1日の集中講座を開催いたします。

 皆様にお会いできることを楽しみにしております。


■福島正伸の真経営学とは?

 一般の経営学は、手法・効率を高めるものとして広く学ぶことができますが、真経営学は、最幸の結果が出るためには?というゴールから、人を中心にした経営学(人間学としての経営学)として、福島正伸が定義している考え方です。

 「真」をつけた理由は、経営の本質は人を幸せにすることであり、社員もお客様も関係者も、さらには社会全体が幸せになるために、「どう在るべきか」という究極の在り方について、「最幸の結果を導き出すための考え方」をご紹介します。













①「真経営学読本」

【解説】・・・経営に纏わる言葉を定義し「最幸」の結果しか出ないように理論を構築した集大成の書! 「世の中には、成功と失敗があるのではなく、成功と成長しかない!」 「人は誰しも『努力』という無限の経営資源を持っている!」 本書は、経営者人材育成の観点など、起業家、経営者、リーダーになる方々の“悩み” が “勇気とやる気“ に変わる究極の書です。



②「真経営用語辞典(小冊子)」

【解説】・・・どこから読んでも経営の真髄がわかり、読むほど迷いがなくなる極めて不思議な小冊子、言葉の意味と定義をオリジナルでまとめた辞書です。



【 たくさんの方々に本講座をご活用いただいています 】
★最強組織を創るために、受講目的のイメージをご紹介★


■もっと人や組織に興味を持てるようになるため。
■グループリーダーとしての行動に悩みが多く、解決するヒントが欲しかった。
■4月に初めて部下を持ち、また部内全体を任される立場となり、自身の成長について、悩んでいたため。
■社内で、意識改革に向けた取り組み、自律型リーダーを輩出していくための参考とするため。
■会社として実施している「理想の職場作り」の活動のヒントになる考え方を学びにきました。
■グループのメンバーとの関わり方や、会社の在り方など、日頃から改善すべき所があると感じていたため。
■事業について、自分のモチベーションが非常に低下していたため。
■教育担当として、リーダーに必要な考え方、心構え等を学ぶため。
■経営について、今後の方針を考えるにあたって。
■社内ビジネススクールの検討のために、福島先生の考え方を取り入れるため。
■自分の考え方の答え合わせ、さらにSTEP-UPし、仲間をやる気にさせたい。
■会社をより良くするために、自分のスタンスを、どう持つかを考えたかった。
■理想的なチームリーダーとなり、仲間の夢を叶えられる応援者となるべく受講。
■部の運営にヒントを得たかったから。
■管理職層の教育として、まず自分が勉強をするため。
■仕事の進め方、会社組織の作り方について、学びたいと思ったため。
■自社の企業理念をつくるため。
■取締役として、経営に参画することになり、改めて、自分を見つめ直す機会にしようと考えたため。
■上司・同僚・知人の紹介と薦め、社員と共に受講するため、仲間と復習のため。
■これから設立する一般社団法人の目的や理念を、より明確にするため。
■自分の事業、働く目的を見直すため。
■会社とは?売り上げとは?働くとは?根本から見つめ直すため。
■関連会社に出向し、経営陣の一人となっており、様々な迷いがあるため。
■社内で薦めている組織風土改革活動のメンバーに来てもらい、もっといい会社にしていくため。
■一般的にいわれている経営論ではないことを学びたかった。
■事業の建て直しと、拡大に伴い、自分自身の在り方を見直すため。
■○○歳となり、会社での目標がなくなっている自分のきっかけ作りのため、自分とどう向き合うか、ヒントを探すため。

■ 理念を浸透させることの重要性を学びました。2:6:2の法則というのが世間にはありますが、それは、理念がしっかり浸透されていない、放置された状態という指摘には、自分のこれまでの考えが大きく変わりました。 (大手メーカー、人事)

■ 苦難に直面しても、仕事をさせていただいているという謙虚な姿勢で取り組んでいきたい。「人間」が仕事をするし社会を創っている。「人間」を大切にできる社会人で在りたい。 (大手メーカー、人事)

■ 会社の理念を考慮し、チームの理念を考えて、最初にチーム内共有を図りグループとしての組織力最大化を図ろうと思いました。 (大手IT、社会インフラ)

■ 初めて聞かせていただきましたが、大変参考になりました。本を読み返しながら、輝く上司を目指していきたいと思います。 (大手IT、営業)

■ 人を変えようと思ってはいけないことを、最近上司にも同じことを言われて楽な気持ちになりました。社員やスタッフへの教育は、自分を見せれば良いだけ! (大手メーカー、技術)

■ 過去の概念に捉われず、考え方を変え、自分を変えること。失敗を恐れない、不満を言わない、人のせいにしない。 世界一の仕事をすることを、今日から取組みます。 (大手製造、教育)

■ リーダーとして、自分が仕事を楽しむこと、誇りを持って取り組むこと、 部下を信じて尽くすこと、その覚悟が一番大切であると感じました。 最初に部内の理念を、自分たちの言葉として創りあげることを実践します。 (大手メーカー、住宅)

■ 今から行動します!決めました。 理念をもっともっと自分で深く理解し、1番の実行者となり、1番の幸せ者になり、見本になっていきます。 もうスタッフのみんなが幸せになるのが見えています。 (大手サービス、美容)

■ 理念の重要性を知る良い機会となりました。 自立型人材のチーム運営を目指し、自分を信じて構築します。 (大手メーカー、販売)

■ マネージャーとして、メンバーには一つひとつの仕事に意味ややりがいを持たせること。 特に理念に基づいていることを意識させることが大切だと思いました。 (大手メーカー、人事)

■ 何度か受講させていただいていますが、 どうしても忘れてしまっている(気持ちが薄れている)ことに気付きました。 メンテナンス(リフレッシュ)するために、定期的に本を読み返します。 部下との接点も、改めてルール化していきます。 (大手メーカー、営業企画)



--------------< その他、受講アンケートより抜粋 >----------------

・理念経営をもっと実践して、すべての社員をワクワクさせたい。さらに覚悟を持って、経営に臨みたいと思います。

・今までできなかったことを他人のせいにしてきたことを、恥ずかしく思いました。すべては自分の考えであり、自分で決めていることを忘れずに行動していきます。

・「人を動かすのは自分の姿」肝に命じて行動し、先ずは、覚悟を決めることから始めたいと思います。

・やる気が感じられない部下に、あきらめていた自分を反省し、必ず成功させるとゴールを決めて、もう一度関わっていこうと決めました。

・どのようにすれば、社員がワクワクしながら、楽しく働くことができるのかが明確になりました。

・うまくいくかどうかの理由は、できた時にしか分からないことを教えてもらいました。

・初めて話を聞かせていただきました。経営者ではありませんが、自分の在り方、考え方、そして人との関わり方など、非常に多くの事を学ばせていただきました。これからの私自身の仕事のやり方において、実施していきたいと思います。

・何度も聞いている話なのに、毎回違う所が心に響きます。「理念について」のお話がとても響きました。自分自身、そして共に歩いてくれている仲間に伝えていこうと思いました。

・受講前に、真経営学読本を、図書館で借りて読みました。こんなに気持ちを揺さぶられた本は初めてでした。書いた著者の考えを直接聞きたいと思い参加しました。

・今まで自分が実践してきたことは、正しかったと、自信を持てた一方で、たくさんの足りない部分を明確に認識できました。

・様々な業種の方がいて、お話を伺いながら、別の業界の同じ悩みや意見を聞くことができて、とても新鮮でした。

・手法や目的を用いることを、目的にしてしまうことが、社内でもよく見受けられるが、その危うさを別の角度から発見することができました。人間学をベースにした人の在り方も非常に参考になりました。
ツ黴

開催概要

日時 2019年 6月11日(火) 10:00~17:00
講師

株式会社アントレプレナーセンター
代表取締役社長 福島 正伸   実績・プロフィールはこちら>>

参加費 ・お1人様 ¥54,000(税込)

【 参加費用に含むもの 】
 ◆福島正伸オリジナル「真経営学講座」テキスト
 ◆「アントレプレナーセンター」ロゴ入りバインダー
 ◆①「真経営学読本」、②「真経営用語辞典(小冊子)」
お支払い方法 ・銀行振込
申込み完了と同時に、振込口座を詳細メールにてご連絡いたします。
大変恐れ入りますが、振込手数料はお客様のご負担となります。
メールが届かない場合は、担当までご連絡をお願い致します。

※弊社発行の『請求書』が必要な方は、別途事前にご連絡をお願いいたします。
※弊社発行の『領収書』が必要な方は、別途事前にご連絡をお願いいたします。
『領収書』は、講座当日の受付時にお渡しいたします。
※キャンセル規定 ・14日前までのキャンセルは、振込手数料を差し引き、ご返金いたします。それ以降のキャンセルは、全額お客様のご負担とさせて頂きます。
定員・100名   ※5月10日現在・・・残席37名
会場 ・スクエア荏原 イベントホール
住所: 〒142-0063 東京都品川区荏原4-5-28
TEL: 03-5788-5321

【地図】 http://urx2.nu/qh1k
その他、受講票について ・受講票は発行しておりません。直接会場にてお名前を確認いたします。
録音・録画について
・当日の録音・録画はご遠慮いただいております。ご協力をお願いいたします。
備考 ■PC・携帯からお申込みの際には、弊社からのメールを受信できるよう、ドメイン指定の受信設定(@entre.co.jp)をご確認下さい

■2019年 最後の開催となります(次回開催未定)

■ お問合せ
本講座に関するお問合せは下記までお願いいたします。

株式会社アントレプレナーセンター 担当: 林
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-26-9 NSビル26 4F
TEL: 03-3661-8008 FAX: 03-3661-8135 
URL: http://www.entre.co.jp
E-mail: kensyu@entre.co.jp

【人生を変えるきっかけになる言葉を、毎日贈ります(登録・解除も自由です)】
●福島正伸メルマガ「夢を実現する今日の一言」