心に灯をともす

20年以上にわたって地域活性や新規事業立ち上げ、研修講師を務めてきた 福島正伸の元に寄せられた、5000を超える膨大な質問から、日頃誰もが抱 く葛藤、そして生き方の本質に関わる悩みを抜粋。 福島正伸自身が今までの人生で導き出した「現在の答え」を完全書下ろし。

発行:イースト・プレス(2012年10月) | 価格(税別):1,429円
amazon    楽天ブックス    

著者:福島正伸よりメッセージ

人生は思い通りにならないことばかり。
だから、最高に楽しい!

私は、そう考えることにしています。
忘れそうになることもありますが、考えようと決めています。

しかし、若い頃の私は、このような考え方をしていませんでした。
いや、このような考え方があることすら、知りませんでした。

なぜ、努力をしても結果が出ないのだろう。
なぜ、相手はわかってくれないのだろう。
なぜ、他人はこちらの期待を裏切るのだろう。
なぜ、思い通りにならないことばかりなのだろう。

うまくいかないこと、思い通りにならないことは、私にとっては苦痛以外の何物でもありませんでした。

生きることは、つらいこと。
人生は、ままならないもの。

学生時代からこのようなことを悩み、人生の意味、生きる意味について、友人と議論ばかりしていました。

理想の人生を、どうしたら送ることができるのでしょうか?
実は、その問いは、私自身の生き方に対する問い、そのものでした。

今私は、その明確な答えを持っています。
それは、「すべては考え方次第である」、ということです。
理想の人生とは、学びと気づきによって拓かれるものだと思います。

理想の人生は「探すもの」ではなく、「自分が創り出すもの」です。
大切なことは、自分の意志なのです。
私は今、世界中の人々が輝き、幸せな社会を創っていきたいと思っています。

この本の企画をいただいた時、私の心にスイッチが入りました。
それは、一人でも多くの人たちが笑顔になるために、この考え方を伝える本を出版することができるとしたら、なんて素敵なことだろうと思ったからです。

私は「言葉」が大好きです。
一つの言葉との出会いによって、瞬間的に気持ちが変わったり、その時から人生が大きく変わったりすることがあるからです。

一つの言葉から、気づきを得ることができます。
一歩踏み出す勇気を得ることができます。
人に対して、優しくなることができます。
困難に立ち向かっていく勇気が湧いてきます。

心が動かない時、心を動かす言葉に出会うことができたら。
そんな言葉で溢れた本を出版することができたら。

本書によって、一人でも多くの方が理想の人生を送り、幸せになるきっかけになるとすれば、それほどうれしいことはありません。

福島正伸

 

編集者:イーストプレス 上硲久美子さんよりメッセージ

 この本では、20年以上(!)も講演を続けられている福島先生に、
7000回以上の講演で寄せられた、紙媒体だけで5000以上もの質問(この数字だけでも、先生が尋常じゃない方なのがわかりますね…)から、 特に多かった質問、気になる質問を抜粋し、まとめさせて頂きました。

「私には夢なんてありません…」
「わかってはいても、周りに不満を持ってしまいます…」
「四面楚歌で、行き詰ってしまいました…」
そんな切実な悩みから、

「成功の基準とは何ですか?」
「所詮、人は収入のために働いているのではないですか?」
「もっとも美しい生き方とは、どのようなものですか?」
といった、生き方の本質にかかわる質問まで。

東日本大震災を機に、生き方自体を見つめ直す方が増えていることもあり、人生に焦点を当てた質問にも、意識的に多くお答え頂きました。
「この答えがほしかった!」
と感じて頂ける項目が、きっと見つかるかと思います。

ところで私は、本の良さは「忘れていたことを思い出させてくれる」ことにあると思っています。言葉が引き金となり、読み手が忘れていた感情をよび起こし、何度でも思いださせてくれるのです。

心の通じる人に会って話しているときには、
「私にもできるかも」
「やってやろう!」
と思えたのに、一カ月がたち二カ月がたち、いつの間にか、 「私…どうして、頑張ろうと思ったんだっけ?」と、感じてしまう。
何度も頑張ろうとするんだけれど、その度に壁にぶつかって動けなくなってしまう。

そんなときもう一度、自分で自分の気持ちを奮い立たせられるような、本にしたい。
なにより、目の前にはいなくても、この本の向こうから福島先生が笑って手を振って、 「がんばれ、がんばれ」と言って背中を押してくれている。
そう感じて頂けるような本になればと思いながら、携わらせて頂きました。

最後になりましたが、大変お忙しい中、出張先や講演の合間を縫って原稿を執筆、推敲して頂いた先生と、担当の鈴木様に心より御礼申し上げます。

イーストプレス 上硲久美子