どん底から最高の仕事を手に入れるたった1つの習慣

夢を探して起業をした青年と、夢を持って大手企業に就職した青年の成長の物語。 学生時代から親友の二人。真の幸せとは何かを模索しながら様々な人と出会い、苦難を乗り越え、『最高の仕事を手に入れるためのたった1つの習慣』を見出していきます。

発行:中経出版(2013年08月) | 価格(税別):1,300円
amazon    楽天ブックス    Kindle版    

著者:福島正伸よりメッセージ

「人生は気づきと学びの毎日、そしてそこにこそ本当の幸せがある」

信じられない方もいるかもしれませんが、本書の内容の多くは私自身が体験した実話をもとに構成されています。

本書では、二人の登場人物の人生を描くことで、どうすれば毎日が楽しくなるのか、人生が楽しくなるのかを物語としてお伝えしています。
一人は、働く意味を見いだせずに、就職することをあきらめ、自分の生きる意味を探すために、一人暮らしを始めた柴田正光(シバちゃん)。 そして、もう一人は、一流企業に就職し、まじめに一生懸命に働く田中孝雄(ターくん)。 この二人は親友ですが、まったく違う道を選択します。

二人には、次々と困難が降りかかってきます。どうにもならなくて、行き詰ってしまいそうになることも何度もあります。その一つ一つを、乗り越えていきながら、人生を楽しむ生き方を体得していくのです。

この物語を通して、問題や困難が決して人を不幸にするものではないこと、そして仕事の楽しさや人間関係の素晴らしさ、さらに感動に溢れた人生の送り方について、少しでもお伝えできればと思っています。
そして、読者の皆様の人生が、より輝きを放つきっかけになれば、それほどうれしいことはありません。 今、こうして私のささいな体験が一冊の本となり、読者の皆さんにわずかでも生きる力を与えることができるとすれば、そこにこそ私が生まれてきた意味があると思います。

私が悩んできたことが、少しでも世の中のためになっていると思うと、本当にうれしくてたまりません。自分が辛い体験をするのは、他人の役に立つ人間になるためなんだということを今、心の底から実感しています。

これからも一生、夢に挑戦し続けて、気づきと学びの毎日を送っていきたいと思っています。

福島正伸

編集者:中経出版 黒田光穂さんよりメッセージ

本書の原稿を初めていただいたとき、そのあまりのボリュームの多さに、目を丸くしました。
「福島先生の人生を、1冊の本にする」と言っても過言ではないスケールの大きさ、 そして、「福島先生の起業してからの歩みが、本書で初めて語られる」―― 失敗できないというプレッシャーは、新卒2年目で編集者としてもまだまだ未熟な私の肩に重くのしかかりました。

主人公の柴田や田中は、20代から60代までの人生を通して、 様々な壁にぶつかり、へこたれながらも、前を向き、解決策を見出し 「最高の仕事」を作りあげていきます。

そんな原稿を拝読したときの感想は、「とにかく学ぶことばかり」。 そして、福島先生の実話をもとにしたエピソードの1つ1つが私の涙腺を刺激し、 服の袖で涙を押さえながら読みました。

私自身はまだ20代。もちろん、柴田や田中がぶつかる30代以降の壁は、 まだ目の前には現れてきません。
しかし、彼らの(福島先生の)放つ珠玉の名言の数々には、 自分自身の悪い考え方や物事への取り組み方を、改めて自覚させられ、 背筋を正される思いにもなりました。
今、この年齢で福島先生に出会えて、本当に良かった。心からそう感じています。

1冊の本として世に出す際、どうしてもボリュームを絞らなければならず、 泣く泣くカットした多くのエピソードの上に、本書ができあがりました。

20代の働き始めから、60代の働きおさめまで、2人の男の人生(働き方)を描く本書には、 どの年代のステージに位置する方でも共感できるエピソードと、 胸を打つ名言が散りばめられています。

読んでいて、思わず「これって、今の自分のことかもしれない」と感じることが 多くあるかもしれません。2人の登場人物は、それらの問題にどう立ち向かっていくのか? 答えは、本書の中で明かされます。

ビジネス書でありながら、絵本のようなイラストを装丁に据え、 大切な方への贈り物にもしていただけるような気持ちで編集いたしました。

世代を問わず、本書をお読みになった方がその時ぶつかっている壁を 取りのぞくようなお手伝いができれば、これ以上にうれしいことはありません。

中経出版 黒田 光穂